自由が丘サロンTAOの圭です。

 

さて今回は手相で性格を見るとき


 

誰でもすぐに判別できる3つのポイントについて書きたいと思いますひらめき電球

 

 

手相の面白いところは、その人の思考・考えたが線にその通りに出るところです。


 

もちろん見方が分からないとちんぷんかんぷんですが、

 

基本的な見方さえ分かれば、初見の人もある程度性格が分かりますよ。

 

今回は性格を見るときの4つのポイントをご紹介します。

 

 

① 全体的に細かい線がある人、少ない人

 

人の手相を見てると、


 

細かい線が無数にある人、全然ない人、ほどほどある人、

 

いろんな人がいます。

 

実は線が人より多く出ているか、少ないかで、

 

その人がどれだけ心配性かが分かります。

 

 

いろんなことが心配でいつも不安を抱えている人、

こういう人は細かい線がたくさん出るのです。

 

特に薄い線として出やすく、

たいてい手のひらの中心付近に↓のような感じで出ます。

 

 

このタイプは良く言えば、とても繊細で敏感な人ですが、

悪くいうと悲観的にものごとを見ます。

 

起きてもいないことを心配したり、どう思われるか気になったり、気が小さいところがあるのです。

 

ただ、こういう人は気配りもでき、相手を思いやれる人が多いですねほっこり

 

 

 

逆に細かい線がほとんどなく、生命線、知能線、感情線の線しか目立たない人は、

 

とても楽観的で自分のペースで物事を考える人です。

 

良くも悪くも鈍感なタイプ。悩んでもすぐに忘れてしまいます酔っ払い

 

 

 

外見は冷静でメンタルが強そうに見えても、手相を見ると案外心配性だったり、

 

外見で判断できないことが分かるのが手相の面白いところです爆  笑

 

 

② 感情線が直線的で短い人、カーブを描いて長い人

 

感情線は、その人の情の強さと感情表現を見ます。

 

見るポイントは2つ、長さとカーブです。

 

長さは情の強さに関係し、

 

カーブの度合いは感情表現の豊かさに関係します。

 

長いほど情が厚く、思い入れが大きい、

一方、短い人ほどドライな人が多いです。

 

またカーブの度合いが大きほど感情表現豊かで、

直線的な人は、あまり感情を表に出さないクールタイプですニヤリ

 

男性は比較的カーブがゆるく、女性の方がカーブがある人が多いですね。

 

図にまとめますと、

 

感情線短い・直線的 → クールな人

 

 

 

感情線長い・大きくカーブ → 情に厚い熱血の人

 

 

芸能人で確かめてみると面白いですが、

 

例えば熱血の代名詞である松岡修造さんの手相は、

上の図のように感情線が長く、カーブしています爆笑

 

 

上の例のようにハッキリ特徴が出ていないとき、

 

例えば感情線の長さもほどほど、カーブ具合もほどほど、

 

という人は、

 

ほどほどに情に厚く、ほどほどに感情表現があり、

 

どこか偏っていなくてバランス型と見ていいでしょう。

 

 

③ 運命線が直線的な人・薄く目立たない人

 

運命線は人によってハッキリ出てる人とそうでない人がいます。

 

運命線は別名、忍耐線といい、

 

言いかえれると、自分が頑張っているときに出てくる線です。

 

この運命線で見る性格の特徴ですが、

 

『押しの強さ・負けん気の強さ、協調性の有無』が見れます。

 

手の下から上までまっすぐ一直線で線がハッキリしている人は、

押しが強く、負けん気がありますパンチ!

 

人の言うことを聞かず自分の信念を貫きます。

協調性はあまりありません。

 

 

こういう人は社会的に成功しやすいので、

 

一代で会社を築き上げるようなワンマン社長に多い手相です。

 

 

一方で、

 

運命線が薄い・少しカーブ・部分的にある人は

 

争いを好まず、和を大事にする人。人の意見を聞いて柔軟に対応できる人ですニコ

 

ただし、運命線がほとんど見当たらないような人は、

 

目標がなくフラフラしていたり、忍耐力がなかったりしますチーン

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

3つのポイントをまとめますと以下になりますひらめき電球

 

① 手のひらの線の多さ     →  心配性かどうか

 

② 感情線の長さとカーブ  →  情の強さ、感情表現の度合い

 

③ 運命線の濃さ・カーブか直線的か・部分的か上下にあるか → 押し・負けん気の強さ・協調性

 

 

誰でもカンタンに見れる方法ですので、ぜひお試しくださいキラキラ