こんにちは、マツです。爆笑

今回は、里咲先生にお話を聞きました。

マツ

「占いをはじめたきっかけはなんですか?」

里咲先生

「子供のころから好きで、

とくにお母さんが占いが好きで小さいころよく教えてもらっていました。

一緒に本とか見たり、そのときはよく姓名判断の本を見ていたと思います。

そこから時間がたち、芸能界に入り、

私が番組で司会をしているときに特技をきかれ「占いです」と伝えたら、

「それなら占って」とういうことになり、

番組でやるのでちゃんとやろうと思い、それが次の学びのタイミングになりました。

その時に算命学の学校に通い、先生のもと本格的に勉強をはじめた。

結局プロ資格を取るのに6年かかりました。

そこから本格的に占いをやっています。」

マツ
「算命学を選んだ理由は何ですか?」

里咲先生
「そもそも、ご縁のことを知りたい。という気持ちがあって、

算命学の本を偶然手にする機会に恵まれ、

それを読んだら、すごい当たっていて、すごいと思いました。」

マツ
「それでは算命学とはどういったものなのでしょうか?」

里咲先生
「基本は生年月日を使って占います。

人の誕生日を自然のあるもの(木、山、海などで)に例えて占うものです。

本人そのものは木などの自然物で示せて、

プラスまわりの景色が表せます。

ここでいうまわりの景色とは

例えば親、兄弟、友達などの周りの人だったり、

仕事の調子が良い悪いの状態のことです。

算命学では、生まれて決まっている。ものと

後から出てくるものを合わせてみることにより、

どういうことが起こりやすいとか何に影響がおこるか?などを見ていきます。

親に問題が出るとか、今年は結婚しやすいなど、

時期と出来事がリンクしてみえます。

例でいうと、

婚活してる人の

・出会いやすい時期 ・どんな人と出会う ・その後の流れ

などがわかります。

また、前世からのご縁も見れます。」
マツ
「それでは、友達のご夫婦の生年月日を聞いてきたのですが、
相性と今後を占ってもらってもよいですか?

夫1982年8月28日

奥様1982年5月24日 」

里咲先生
「旦那さんは水の属性、奥さんは、火の属性です。

前世では、一緒に仕事をしてました。 

なので前世からの運命なので、とてもご縁があります。

相性は、

お二人とも2度運同士なので、離婚せずにずっと続きます。

2度運とは2度であう運なので、そういう人は1度離婚しがちですが、

2人とも2度運ならば離婚はしません。

性格として、奥さんがかっとなりやすいので、

それをだんなさんがお話しすることで解決することができれば、

何かあっても解決できる関係です。

気をつけなきゃいけないこととして、

そのまんまぶつかるとはじけるが、

中和剤があれば大丈夫です。

中和剤とは、お互いにマイペースにしたりすることです。

相手に合わせると大変だから、自分を持っていた方がよいです。

そうすることにより円滑に回ります。」

マツ
「ちなみに浮気の心配は?」

里咲先生
「他は見えなくなる関係。お互いだけを見ている関係だからその心配はないです。」

マツ
「相手が自分をどう思っているのか?」

里咲先生
「奥さんは、笑顔癒され、個性に引かれています。」

マツ

「ありがとうございます。

とても相性の良い夫婦ということがわかりました。友人も喜ぶと思います^^

それでは、実際里咲先生に相談するとき何分コースにすればよろしいですか?」

 

里咲先生

「知りたいことを完結に簡単に教えてほしい人は

30分コースをおすすめしています。

いろいろなこと聞きたい、自分だけでなく、他の人とか時期、そうなる理由などを知りたい方は、

70分コースをおすすめしております。

占うときは、生年月日が必要となります。

マツ

「ありがとうございました。

算命学以外のことも聞きたかったのですが、あっという間に時間がたってしまいました。

次回は他の占術についてお聞きしたいと思います。」